MRI
概要
磁気共鳴画像法(MRI)は生体の内部構造を非侵襲的に撮像する技術であり,現代医療に欠くことのできない技術である.
CTとは異なり放射線を被爆することがなく,軟部組織も画像化できるが,データ取得に時間がかかり撮像時間が長いという問題点がある.
当研究室ではこの問題を解決するため,データ取得を高速化する研究を行っている.
学習用画像と観測信号を併用したMR画像高精度再構成

CT
概要
CT(Computed Tomography)とは,X線を用いて体の断面を撮影する技術です.MRIと比較して高速で撮影することができるメリットがありますが,X線線被曝を伴うというデメリットがあります.そのため,画像品質を維持しながら被曝量を削減するため,圧縮センシングを用いた研究を行っています.
CT画像再構成



>
Copyright Media Sensing Lab. All Rights Reserved.